陽線のローソク足

01大陽線

通称:陽の丸坊主

yousen01

陽線の中でももっとも強いのが大陽線です。この大陽線は開始直後からとても力強く推移し、高値で引けていることからとても強力なローソク足といえます。

この大陽線が出たときは今後強く推移することを暗示しています。この大陽線が安値で出現すれば上昇相場へと転換することが多いです。

02大陽線

通称:陽の大引坊主

yousen02

先の大陽線と違い下ひげのみをつける大陽線です。この大陽線では開始直後いったんは下がりましたが、その後強く推移し高値のまま引けていることを示しています。安値から切り替えしていることから、強い反発を見せたと考えられます。

この大陽線は今後強く推移することを暗示します。特に安値圏でこの大陽線が出たときは、下ひげの部分を底値に強く反発したことを示しており特に強いと考えられます。

03大陽線

通称:陽の寄付坊主

yousen03

先の大陽線と違い上ひげのみをつけた大陽線です。この大陽線では途中で高く推移したにもかかわらず、引けにかけて下げていることを示しています。下げているときに出現すると反発の合図となりますが、上昇途中で出現すると転換点となり下げに転じることが多いです。

04大陽線

yousen04

上下ともひげのある大陽線です。胴体の部分が長いほど強い線といえますが、高値で出た場合は転換となることがあります。

05小陽線

yousen05

大陽線と違い胴体部分が短いのが特徴です。強気持合といって上昇圧力があると考えられますが、この小陽線が高値で出現した場合は反転し下落することが多いです。

06小陽線

通称:独楽(コマ)

yousen06

小陽線に上下ひげをつけたローソク足。どっちにいくか迷っている段階と考えられます。ただし窓を開けてこの小陽線が出た場合は相場の転換点と考えられます。

つまり上昇局面なら下げを暗示し、下落局面なら上げを暗示します。下落局面で窓を開けて出現したときに限り、「明けの明星」と呼びます。もちろん上昇転換のサインです。

07下影陽線

yousen07

安値圏で出現すれば上昇を暗示します。高値圏で出現した場合、胴体部分が長い時は更なる上昇を、下ひげが長くて胴体が短い場合は相場の転換点を示します。

08下影陽線

通称:唐傘(カラカサ)

yousen08

安値圏で出現すれば買いサイン、トンカチ(たぐり線)と呼びます。高値圏で出現した場合は下落を暗示しますので売りサインです。カラカサ(首つり線)とも呼びます。

09上影陽線

yousen09

胴体が短ければ高値圏、安値圏で出現すると転換を暗示します。胴体が長ければ今後上昇することを暗示するか、または持合いに移行することを示します。

10上影陽線

通称:トンカチ、塔婆

yousen10

始値と終値が同じならトウバと呼ばれますが、胴体部分が短ければ同じものと考えます。高値圏、安値圏で出現すれば転換を暗示します。