はじめに

ローソク足といえば株取引やFX取引、ガソリンなどの先物取引などで幅広く利用されています。それらの価格を記録し、視覚的に理解するために欠かせないツールです。

ローソク足が写すのは過去の記録に過ぎませんが、ローソク足の形を元に、今後の値動きを予想するために使われています。ローソク足を元にトレンドを把握するだけでなく、ローソク足の動きからレジスタンスライン、トレンドラインなどを読み取ることで様々な形で投資の助けとなる情報が含まれています。

当サイト「ローソク足.com」では、そんなローソク足から読み取れる情報を十分に理解できるよう、ローソク足の基本をまとめています。

そもそもローソク足とは何でしょうか?

ローソク足という名前はその名の通り、形がローソクのように見える所から名付けられました。このローソク足は江戸時代の米相場で生まれた値動きの記録方法で、今では株価、外国為替、先物市場など幅広く使われています。

ローソク足以外にも、記録する方法として止め足や棒足 (高値と安値を線で結ぶだけのもの)、錨足 (棒足に始値を横棒、終値を矢印で記録したもの)などがあります。

中でもローソク足の優れた点は、一本のローソク足で始値、高値、安値、終値のすべての動きが把握できる点です。

ローソク足以外の記録方法

錨足(いかりあし)

ikariashi

錨足(いかりあし)とは船の錨に似ていることからそう呼ばれます。錨足は棒足に始値と終値が加えられただけのものですが、錨の向きからその日の相場の方向がわかります。四本値がわかることから、情報量としてはローソク足と同様です。

止め足(とめあし)

tomeashi

止め足は、その時の終値のみを結んだ折れ線グラフです。一般的に止め足は相場の方向性を判断するために用いられます。

棒足(ぼうあし)

bouashi

棒足とは高値と安値のみを記録した棒グラフのことをいいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です